信頼性保証体制について Quality and Reliability Assurance

COMPLIANCE コンプライアンス

総括製造販売責任者
薬制管理部長 田路 眞理

当社は、「あるべき薬にまじめな会社」をミッションステートメントに掲げ、2017年11月に、長期収載品等の医療用医薬品の製造販売業を開始しました。長期間にわたり市場から必要とされてきた医薬品、情報及びサービス等を誠実に譲り受け、市場からの信頼に応えるべく、品質管理及び安全管理の緊密な連携体制のもと、着実に安定供給を実行してまいりました。

2021年8月には改正薬機法の一部施行に伴い、法令遵守を重視する統制環境を確認し、規程や手順書等に基づき業務が適切に遂行され、業務の監督を通じ把握した問題点があれば改善措置を行うという法令遵守体制を構築しました。

今後は、このシステムを運用しながら体制やプロセスを継続的に検討するとともに、必要な改善を図ることで、患者様が必要とする医薬品の更なる安心、安全な供給責任を果たしていく所存です。

そして、私たちは【我がグループの「あらゆる技術」を高め、革新的な製品をもって、夢あるさまざまなモノをグローバルに生み出し、楽しい社会を実現します。】という太陽ホールディングスの経営理念のもと、患者様が求める新たな製品価値を創造し続けてまいります。

QUALITY 品質保証

品質保証責任者
品質保証グループ長 峯村 佑介

医療現場と製造現場とを品質という信頼で結びつける、製薬企業の品質保証にはそうした役割があると考えています。

当社の医薬品は長期収載品であり、その薬については常に先駆者である、とも言えます。当社グループが培ってきた、ものづくりに対する理念をしっかり受け継ぎ、使用する方々の気持ちに寄り添った、分かりやすく使いやすい薬を追及してまいります。

また、製造現場においては、高度な製造・品質管理体制を維持するために、活発なコミュニケーションや技術開発を行い、高品質な薬を安定的に供給するという製薬企業としての責務を黙々と遂行し、安心・信頼という目に見えない財産をこれからもひとつひとつ積み上げていきます。

患者さまの健康に資する、常にこの目的を忘れずに品質保証に取り組んでいく所存です。

SAFETY 安全管理

安全管理責任者
医薬情報部長 蓮見 輝雄

当社が取り扱う長期収載品はこれまでの長期間にわたる使用実績から、安全性や有効性に関する情報を豊富に有しています。当社のお客様相談室では医薬品についての多岐に渡るお問い合わせにお答えできるよう努めています。また、当社製品と同じ効能効果を持つ、ジェネリック医薬品を使用されているお客様からお問い合わせ頂く機会も少なくありません。そのようなお問い合わせにも誠実にお答えさせて頂くことが、「先発医薬品を扱うメーカー」としての責務であると考え、医薬品の信頼性を高めるべく日々の業務に取り組んでいます。

当社は医薬品の安全性情報を適切に収集し、蓄積した情報をより積極的に発信することで、「患者様に優しい企業であり続ける」ため努力して参ります。